対応エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉

友人葬とは

友人葬とは創価学会の会員の方が行うお葬式の形式のことです。基本的な流れは通常のお葬式と変わりませんが、お坊さんを呼ばないなどの特徴があります。

友人葬の流れ

友人葬は一般的には以下の流れで行います。

1. 開式の辞

司会が葬儀開始の案内をします。

2. 読経・唱題

導師と呼ばれる友人の代表を中心として読経を行います。読経時に導師、親族、参列者の順で焼香を行います。唱題とは南無妙法蓮華経の題目を唱えることです。

3. 御祈念文・題目三唱

導師が追善供養の祈念をした後に参列者全員で題目を三唱します。

4. 弔意文、弔電の紹介

5. 閉式

導師挨拶、喪主からの謝辞、題目三唱を行った後に司会から閉式の案内をします。

6. お別れと出棺

唱題を唱えながらシキミなどを棺に納めながらお別れの儀式を行い、その後出棺となります。

らくシェルのお葬式プラン

お葬式の費用決定までの流れと全国の平均相場について知りたい方は「プラン一覧」をご確認ください。

ページの先頭に戻る