対応エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉

キリスト教のお葬式とは

キリスト教には仏教同様にカトリック、プロテスタント、正教会などの宗派がありますが、ここではカトリックのお葬式を例にして解説をいたします。キリスト教では、死は終わりではなく神に召されて安息を得ると考えられているため、お葬式は故人が神の御許に受け入れてもらうために祈るという考え方をします。

キリスト教のお葬式の流れ

キリスト教のお葬式は本人の意識のあるうちに儀式を行うことが特徴です。

1. 臨終間際の儀式

死期が近くなったことが分かったら神父を呼び「病者の塗油」と呼ばれる儀式を行い、臨終後は枕勤めの儀を行います。

2. 納棺

死装束は特に決まっていません。棺に納める際は胸の上で手を組ませ、ロザリオを持たせます。遺体の周りを白い花で埋め、棺のふたを閉めた後は十字架のついた黒い布をかぶせて安置します。

3. 通夜の祈り

本来、キリスト教には通夜はありませんが日本の風習に合わせて通夜に相当する「通夜の祈り」が行われています。聖歌合唱、祈り、献花などを行います。

4. 葬儀ミサ

教会に棺が到着してから安置されるまでの「入堂式」、聖書朗読や神父の説教を行う「言葉の典礼」、パンとブドウ酒の奉納や感謝の祈りを行う「感謝の典礼」、神父による追悼説教などを行う「赦祷式」の順で行われます。

5. 告別式

神父退場後に故人の略歴紹介、弔辞、弔電紹介、献花の順で行います。

らくシェルのお葬式プラン

お葬式の費用決定までの流れと全国の平均相場について知りたい方は「プラン一覧」をご確認ください。

ページの先頭に戻る