対応エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉

仏教のお葬式とは

日本で一般的に行われているお葬式の大半が仏教に則った仏式のお葬式です。大まかな流れは共通していますが、宗派ごとに意義や作法に違いがあります。一般的には通夜式と告別式が2日間に渡って執り行われた後、火葬されます。

宗派の違い

浄土真宗

他の宗派との大きな違いはお葬式が「故人様の供養ではない」という点です。実際のお葬式では死装束や清めの塩を用いないことや、弔辞や弔電にて「冥福を祈る」、「草葉の陰」などの表現が禁止されている点などが違いとして挙げられます。

浄土宗

浄土宗は臨終に重きが置かれ、故人様は釈迦に送り出されて極楽浄土に赴くという理念に則って執り行われます。

禅宗(臨済宗・曹洞宗)

臨済宗と曹洞宗は儀礼の細部にこそ違いはありますが大まかな内容は共通しています。禅宗では正式な仏弟子にするための「授戒」と仏の世界に導きいれる「引導」を中心に置いたお葬式を行います。

日蓮宗

日蓮宗では葬儀は最後の聞法修行の機会となるため本尊が重要な位置を占めます。そのため遺体の安置は本尊のある仏壇のある仏間で行うことが望ましいです。

真言宗

密教の儀礼に則ってお葬式は執り行われるため独特の密教法具や真言・陀羅尼が唱えられるなどの特徴があります。

天台宗

天台宗は顕教と密教の儀礼の双方を取り入れた儀礼が行われます。本尊や焼香、唱える経文に特に定めがないことが特徴です。

らくシェルのお葬式プラン

お葬式の費用決定までの流れと全国の平均相場について知りたい方は「プラン一覧」をご確認ください。

ページの先頭に戻る