対応エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉

お葬式の給金制度について

お葬式の給付金制度とは?

お葬式が執り行われた後、葬儀を行った方(喪主)が手続きを行うことにより、各保険や組合から葬祭費(埋葬費)が支給される制度です。保険の加入者であれば誰でも受け取ることが出来ます。
また、給付金には複数の種類があり、加入している保険によって受け取れる給付金や手続き方法が異なります。

国民健康保険に加入している場合の給付金制度

国民健康保険に加入されている方の給付金 50,000~70,000円
後期高齢者保健に加入されている方の給付金 30,000~70,000円
申請期間 2年間
申請/問い合わせ先 市・区役所の保健年金課

健康保険に加入している場合の給金制度

埋葬料 上限50,000円まで ※実費精算
申請期間 2年間
申請/問い合わせ先 市・区役所の保健年金課

国家公務員共済組合の組合員の場合

葬祭費 100,000~270,000円 ※各組合により異なる
申請/問い合わせ先 加入している各共済組合

埋葬給付金を受けられる場合

健康保険の被保険者が業務外の事由で亡くなった場合、亡くなった被保険者によって生計を維持されて、埋葬を行う方には埋葬料が支払らわれます。

埋葬費 50,000円
申請期間 2年間
申請/問い合わせ先 全国健康保険協会
ページの先頭に戻る