対応エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉

ご自身のお葬式を検討している方

自分のお葬式は自分で決めたい、家族に迷惑をかけたくない、などの理由でご自身でお葬式の検討をする方はとても多くいらっしゃいます。しかし、実際には家族に要望が伝わっていなかったり本当に必要な準備ができていないことがあります。

ご自身のお葬式を決めておきましょう

ご自身のお葬式に具体的な要望があるのであれば、いざという時にどの葬儀社にお願いするかまで決めておくことをお勧めいたします。ご自身の要望とご家族の要望が違うこともありますのでできれば事前に話し合われた方が、いざという時にご家族の方が困りません。

ご家族(特に喪主となる方)と話し合うべきポイントは以下の3点です。

どなたをお葬式にお呼びするのか?

ご家族だけでいいのか、お仕事関係の方までお呼びしたほうがいいのか、ご自身でお決めになったほうがご家族も迷いません。注意点としては、あまりに範囲を絞りすぎると後日ご自宅に弔問に来る方が増えてしまう場合があるので、お葬式にお呼びしてしまった方がご家族の負担は少なくなります。

お呼びする人にふさわしいお葬式の形式はなにか?

身寄りがない、ご家族が少ないというご事情があるのでしたら直葬や火葬式でも構いませんがお別れの時間を最後に設けたいというご要望がご家族にあれば一日葬以上の形式が適しています。また、ある程度の人数をお呼びになるのであれば家族葬や一般葬となります。

予算内でふさわしい形式や内容のお葬式ができる葬儀社はあるのか?

複数の葬儀社からパンフレットを取り寄せるのはもちろんですが、その中でも気になるところがあれば見積もりまで2~3社取り寄せて比較することをお勧めします。
ただし予算を気にするあまり小規模なお葬式を選びがちな方が多いですが、お香典が発生する一日葬以上の形式の方が直葬・火葬式よりも自己負担が少ない場合があります。

いざという時にご家族が困らないように準備しましょう

お葬式をご自身で決めたい方

すでにご家族と話し合っている方は問題ありませんが、お葬式に関する話を家族とすることを躊躇されている方は、わかりやすい場所にパンフレットと希望するプランや要望をメモとして残しておきましょう。お葬式の際に確認されるので、このメモに住民票の住所も記載しておくと便利です。生前にお葬式の割引サービスや会員となっている場合も同様です。

遺影写真を決めておきましょう

慌ただしく時間のない中で意外に大変なのが遺影写真を決めることです。アルバムに「遺影用」と書いたふせんをつけておくだけでも構いませんので準備しておきましょう。できるだけ正面を向いていて大きく写っているものが適しています。

お葬式以外にも準備しておいた方がいいこと

身の回りのことのうちお金に関することは、様々な手続きが必要になるのでご家族が分かりやすい場所に保管しておきましょう。葬儀費用に関しては金融機関に相談すれば必要額をおろすことが可能な場合もありますが、故人様の銀行口座での取引は所定の手続きが行われるまでお引き出し出来なくなるので必要な分は事前にお手元におかれることをお勧めします。

らくシェルではどんなささいなことでもお答えします
0120-143-020
24時間365日
通話相談無料

らくシェルのお葬式プラン

お葬式の費用決定までの流れと全国の平均相場について知りたい方は「プラン一覧」をご確認ください。

ページの先頭に戻る