対応エリア:東京、神奈川、埼玉、千葉

ご家族のお葬式を検討している方

近しい方の体力の衰えや病気をきっかけに、ご家族のお葬式を意識される方は珍しくありません。しかし近しい間柄であっても本人が亡くなった後の話をすることは難しいと感じる方が多く、いざという時までなにもせずに過ごしてしまう方もいます。しかし、いざという時には短い時間で高額なお葬式を選ぶことになりますのでトラブルになってしまうことも多いです。
できることから準備を進めて、いざという時は大切な人を見送る時間をきちんと確保できるようにしましょう。

お葬式の準備

いざという時までに調べておいた方がいいこと

ご対象者様の住民票の住所

住民票の有無で地域の火葬場の料金が変わってくるので必ず葬儀社から聞かれます。

ご危篤時やお葬式の際に呼ぶ人

いざという時にお呼びする方たちのリストを用意しておくと慌てません。

菩提寺の有無や関係性

菩提寺と離れた場所にあるからといって許可を取らずにお坊さんを手配してしまうとトラブルになる場合があります。事前に調べておきましょう。

重要書類や預貯金口座などの保管場所

もしもの時は各種手続きが発生します。その時に必要となる書類はひとまとめにしておくと分かりやすいです。また、ご対象者様名義の銀行口座で生活費の管理をしている場合は現金の引き出しができなくなりますので注意が必要です。

いざという時までに決めておいた方がいいこと

お葬式の形式や規模

仏式などの宗教に則ったものにするのか無宗教形式にするかなどの選択肢があります。お葬式にお呼びする人の数によって規模や金額が変動します。
らくシェルのお葬式プランはこちら

搬送とお葬式を依頼する葬儀社

病院や施設でご逝去された場合、すぐの移動を求められる場合があります。搬送を依頼する葬儀社は事前に決めておくと慌てません。
らくシェルでは東京、神奈川、埼玉、千葉であれば1時間以内にお迎えにあがります。病院などから葬儀社を紹介されることがありますが、断っても失礼にあたりません。一般的にご遺体搬送後でも搬送費用のみ支払ってキャンセルはできます。搬送後にらくシェルに依頼先を変更したい場合はお電話ください。

安置場所

法律によりご逝去後24時間は火葬できないためご自宅または安置施設にご遺体を安置する必要があります。十分なスペースがない場合や高層階でエレベーターを使用しなければいけない場合はエレベーターに十分な大きさがなければご自宅での安置はできません。
施設での安置を選択する場合はプラン料金に安置料金が含まれているか必ず確認しましょう。

最低限調べておいたことがいいことや決めておいた方がいいことは以上です。その他にわからないことがあれば、ぜひお問合せ下さい。

らくシェルではどんなささいなことでもお答えします
0120-143-020
24時間365日
通話相談無料

らくシェルのお葬式プラン

お葬式の費用決定までの流れと全国の平均相場について知りたい方は「プラン一覧」をご確認ください。

ページの先頭に戻る